現在地
HOME > CSR > 住友化学グループのCSRとは >ステークホルダーとの関わり

ステークホルダーとの関わり

住友化学グループは「CSR基本方針」において「関係するあらゆるステークホルダーの皆さまの関心に配慮しながら、CSR活動を推進していくこと」をうたっています。主なステークホルダーとしては、「国際社会」、「株主・投資家」、「お客さま」、「取引先」、「地域社会」、「従業員」が挙げられます。このたび、これまで継続して積み重ねてきたステークホルダーとの対話をベースに、主なステークホルダーに対する責任とアプローチ方法を整理しました。住友化学グループは、今後とも、ステークホルダーの皆さまへの責任を果たしていくとともに、さまざまな機会を通じて、皆さまとのコミュニケーションの充実に努めていきます。

ステークホルダー 住友化学の責任 主なコミュニケーション方法
お客さま お客さまに満足し、かつ安心して使用していただける品質の製品とサービスの提供を通じて、お客さまとの長期的な信頼関係を構築することに努めます。
  • 営業活動を通じたコミュニケーションや品質保証のサポート
  • ホームページなどを通じた情報提供
  • お客さま相談窓口によるお客さまサポート
取引先 当社の購買基本理念の下、取引先の皆さまとの相互発展的で健全な関係を構築することに努めています。
  • 購買活動を通じてのコミュニケーション
  • CSR推進ガイドブック、チェックシートを使用したモニタリング、フィードバック
  • 問い合わせ窓口
株主・投資家 当社は、株主・投資家との間で、経営方針、事業戦略および業績動向に関する計画的、効果的かつ戦略的なコミュニケーションを行い、株主への説明責任を果たし、市場からの信頼の維持・向上を図るとともに、当社への正しい理解を通じて、適正な株価形成と企業価値向上に努めます。
  • 株主総会
  • 経営戦略説明会・事業戦略説明会
  • ネットカンファレンス
  • 個人投資家説明会
  • 個別面談
  • 住友化学レポート、インベスターズハンドブック等IRツールの発行
  • ホームページによる情報提供
従業員 従業員の健康と多様性の尊重に留意しながら、従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮していける人材育成と職場環境づくりに努めています。また、住友化学と住友化学労働組合は、これまで築き上げてきた相互理解と信頼に基づく良好な労使関係を維持します。
  • 中央労使協議会、事業場労使協議会
  • ワーク・ライフ・バランス推進労使委員会
  • 各種研修
  • 社報
地域社会 当社は、「地域とともに発展することが企業の使命である」との考え方に基づき、地域の安全 ・ 環境保全に努め、コミュニケーションの充実を図り、地域のニーズに合わせたさまざまな活動に取り組み、地域との良好な関係の構築、維持に努めます。
  • 環境・安全レポートの発行(全事業所)
  • 地域広報紙の刊行
  • 地域対話の実施
  • 理科教室の開催
  • 地域清掃活動
国際社会 住友化学グループは、食糧問題、気候変動問題、教育格差やジェンダー平等といった人類社会が直面する多様な諸課題に取り組むにあたっては、国際的な規範を遵守して事業活動を行うだけにとどまらず、さまざまな国際機関やNGO、および他の企業などと連携を取っていくことが重要であると考えています。
  • 国連グローバル ・ コンパクトにおける活動
  • ICCA(国際化学工業協会協議会)作業部会への参加
  • 経済団体、業界団体を通じた諸活動
  • NGO/NPOと協働したプログラムの実施