現在地
HOME > CSR > 「オリセット®ネット」を通じた支援 > TOPICS & NEWS 一覧 > 2008年 > 「オリセット®ネット」のタンザニア新工場 開所式を開催

「オリセット®ネット」を通じた支援 TOPICS & NEWS

「オリセット®ネット」のタンザニア新工場 開所式を開催

2008年2月12日

タンザニア新工場 開所式の様子

住友化学は、マラリア予防用に防虫剤を練り込んだ蚊帳「オリセット®ネット」の製造を行う合弁会社「Vector Health International Limited」(以下、「ベクターヘルス社」)の工場開所式を、2月8日、タンザニア アルーシャ市の現地工場にて開催いたしました。開所式には、シェニ・タンザニア副大統領をはじめとする政府関係者のほか、工場建設資金の融資を行った国際協力銀行、アフリカ開発を支援する国際機関や関係諸団体の代表者など、多数の方々にご列席をいただきました。

現在、世界で毎年5億人以上がマラリアを発症し、100万人以上が亡くなっています。その90%がサハラ以南のアフリカで発生し、犠牲者の多くは5歳以下の幼い子供です。また、マラリアによる経済損失は年間120億ドルといわれており、アフリカの経済発展のためにも、マラリアの防圧は不可欠となっています。

住友化学が開発した「オリセット®ネット」は、耐久性に優れ、洗濯しても防虫効果が5年以上持続する点が特長で、経済的かつ効果的にマラリアを媒介する蚊から身を守ることができるため、WHO(世界保健機関)などから高く評価され使用が推奨されています。

住友化学は、2003年にタンザニアの蚊帳メーカー「A to Z Textile Mills Limited」(以下、「A to Z 社」)に技術を無償供与し、アフリカ現地での生産を開始いたしました。その後、増大する需要に応じるため、世界各地で生産体制を整備してまいりましたが、今回のA to Z社のグループ会社との合弁会社「ベクターヘルス社」の工場稼動により、世界全体での生産能力は約3,000万張り/年となりました。また、タンザニアにおける「オリセット®ネット」の関連従業者数は3,200人となるなど、現地の経済発展、雇用創出にも貢献しています。

アフリカ支援は国際社会が優先的に取り組むべき重要課題の一つです。本年5月には、「第4回アフリカ開発会議(TICAD Ⅳ)」が横浜で開催されるほか、7月には「主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)」が開催されるなど、アフリカ支援に対する日本の果たす役割に一層期待が高まっています。住友化学は、CSRの観点から、これまで「オリセット®ネット」の供給に加え、アフリカにおける学校建設などを行ってまいりましたが、今後も民間企業としてアフリカ開発支援に積極的に取り組んでいく考えです。