現在地
HOME > CSR > 「オリセット®ネット」を通じた支援 > TOPICS & NEWS 一覧 > 2009年 > タンザニアへ中古パソコン1,000台を寄付

「オリセット®ネット」を通じた支援 TOPICS & NEWS

タンザニアへ中古パソコン1,000台を寄付

2009年2月23日

タンザニアのムタンゴ特命全権大使と握手する高尾常務執行役員(役職は当時)

住友化学株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:米倉 弘昌、以下住友化学)は、アフリカの教育支援の一環として、中古パソコン1,000台を、タンザニア連合共和国(以下、タンザニア)に寄付いたします。本日、住友化学 東京本社において贈呈式を行い、タンザニアのエリー・エリクンダ・エリネーマ・ムタンゴ特命全権大使に目録を贈呈する予定です。
寄付にあたっては、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫、以下NEC)と、ノベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マーテン・コスター、以下ノベル)が共同で、OSのインストールに関する支援を行いました。
寄付されたパソコンは、タンザニアの小・中学校の教育水準向上のために役立てられます。

住友化学は、タンザニアにおいて、マラリア予防に効果のある防虫蚊帳「オリセット®ネット※1」の生産を行い、約4,000人の雇用創出を実現するなど、同国とは深いつながりがあります。また、アフリカにおける初等教育施設の整備は、貧困の撲滅や、将来に向けた発展の基礎をつくるために優先すべき課題との認識から、「オリセット®ネット」で得た収入の一部を用いて、NPO法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」の協力のもと、タンザニアを含む計5カ国で小・中学校を建設しました。さらに現在は、教育物資の寄付や学費の援助を行うなど、アフリカの教育支援に取り組んでおり、その一環として、社内で使用していたパソコンを、同国に寄付することとしたものです。
これらのパソコンは、情報漏洩防止の観点からOSを含む全てのデータを消去しておりますが、NECおよびノベルが、今回の寄付の趣旨に賛同し、両社が培ってきたオープンソース※2に関する知見を活かし、パソコンOSであるopenSUSE※3のインストール用CD-R作成などの支援を無償で行いました。

住友化学、NECおよびノベルは、これからも各社の特徴を活かしたCSR活動に積極的に取り組んでまいります。

  • ※1オリセット®ネット…蚊帳を織る糸の原料の樹脂に防虫剤(ペルメトリン)が練り込んであるため、耐久性に優れ、洗濯しても有効成分がにじみ出てきて効果が5年以上持続する点が、世界保健機関(WHO)からも高く評価されています。
  • ※2オープンソース…ソフトウェアの設計図であるソースコードを、インターネットなどを通じて無償で公開し、誰でもその改良や再配布が行えるようにしたソフトウェア。
  • ※3openSUSE…ノベルがスポンサーしているオープンソース・コミュニティー「openSUSEプロジェクト」によるLinuxディストリビューション。(Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。)