現在地
HOME > CSR > 「オリセット®ネット」を通じた支援 > TOPICS & NEWS 一覧 > 2011年 > 「オリセット®クラシック」発売について

「オリセット®ネット」を通じた支援 TOPICS & NEWS

「オリセット®クラシック」発売について

2011年10月6日

住友化学は、マラリア予防用蚊帳「オリセット®ネット」と同等の機能を持つ「オリセット®クラシック」をケニアでの一般消費者向け商品として2011年10月より販売を開始いたします。

現在、世界で毎年2~3億人がマラリアを発症し、80万人が亡くなっています。マラリアは貧困の原因の一つであり、特に、マラリア発生の90%を占めるサハラ以南のアフリカにおいては、マラリア防圧は不可欠です。住友化学は、1994年に長期残効型のマラリア予防用防虫蚊帳「オリセット®ネット」を開発しました。「オリセット®ネット」は耐久性に優れ、洗濯しても防虫効果が5年以上持続する点が特長です。マラリアを媒介する蚊から経済的かつ効果的に身を守ることができるため、世界保健機関(WHO)などから高く評価され、使用が推奨されています。

「オリセット®ネット」はこれまで主に、WHOやユニセフといった国際機関などが当社から購入し、アフリカを中心とする世界80カ国以上において、妊産婦や死亡率の高い子どもを中心に無償供与されてきました。当社はこのたび、「オリセット®ネット」を必要とする全ての人々に商品を提供するため、一般の流通チャネルを利用して販売を開始することとしたものです。一般消費者向けには、「オリセット®クラシック」の商品名でケニアを皮切りに販売いたします。ケニア国内に広い流通ネットワークを持つサージファーム社(ケニア ナイロビ市)を販売代理店として起用し、国内の主要なスーパーマーケットから販売を始め、その後、同社の関連流通網を通じて、ケニア全体に販売範囲を拡大していく考えです。

「オリセット®クラシック」は、円錐形と四角形で、ブルーとホワイトの二色展開です。数多くのサイズを取り揃え、ケニアでのほとんどのベットサイズに適応します。各家庭はもとより、病院や学校等の公共施設での利用も想定しています。

住友化学は、今後もオリセット事業を通じて、マラリア予防の取り組みに貢献してまいります。

「オリセット®クラシック」