現在地
HOME > CSR > 社会活動 > 社会貢献活動 > 「オリセット®ネット」を通じた支援 > 「オリセット®ネット」の現地生産

社会貢献活動

「オリセット®ネット」の現地生産 雇用創出と地域経済発展のため、製造技術を現地企業に無償供与。

本プロジェクトの使命

タンザニアの「オリセット®ネット」製造工場

マラリアを媒介する蚊を防ぎ、安心して生活できる環境を提供する。

現地に雇用を生み出し、地域経済の発展に貢献することを目指す。

私たちは、これらの目的を達成するために、「オリセット®ネット」の製造技術を現地企業に無償供与し、現地生産を行なうことを、決定しました。

最大で約7,000名の雇用機会を創出

「オリセット®ネット」縫製の様子

私たちのタンザニアのパートナーはA to Z社(A to Z Textile Mills Limited)です。2003年9月に生産を開始しました。
そして、さらに拡大する需要に対応するため、A to Z社のグループ会社とのジョイントベンチャーで「オリセット®ネット」生産会社ベクターヘルス社(Vector Health International Limited)を設立しました(2007年2月生産開始)。現在、タンザニアでの生産能力は年間約3,000万張りになりました。

防虫剤を練り込んだペレットの加工作業

また、タンザニアでは「オリセット®ネット」生産だけで、最大で約7,000人の雇用機会を創出しています。