現在地
HOME > CSR > 社会活動 > ダイバーシティ

従業員とともに

ダイバーシティ

住友化学では、ダイバーシティを推進するために、全ての従業員がさまざまな状況において能力を最大限発揮できる働きやすい職場環境づくりが必要であると考えています。その一環として女性の活躍推進に焦点を当て、より多くの女性が活躍できる環境を整えるための施策を積極的に展開しています。

  • 信頼性・透明性の担保として、定量的情報はKPMGあずさサステナビリティ株式会社による保証を受け、★マークを付しています。

ダイバーシティ推進の取り組み

女性の活躍推進

住友化学では、女性の活躍推進に関する取り組みの1つとして、「メンター制度」を実施しています。女性管理社員が、業務上関わりのない役員と定期的に面談し、キャリア形成に関する相談などを行っているもので、2016年度は5組で実施しました。豊富な知識や幅広い業務経験を有する上位者との面談を通じて、視野の拡大やチャレンジ精神の醸成を図ることができるものと考えています。
また、女性管理社員を対象とした「女性リーダー創生塾」を開催しています。本研修は、管理社員として必要な心構えや取り組み姿勢、キャリアに対する考え方を学ぶほか、仕事の進め方や部下との適切なコミュニケーションの方法などリーダーに必要なスキルの習得を目的としています。2016年度は、23名が1回1日の研修を計4回にわたり受講しました。最終回は上司の参加の下、キャリアビジョンを作成し共有するなど、互いの理解を深める場にもつなげています。 なお、当社では女性活躍推進法にもとづき、以下の目標を設定しています。

役職登用状況(2016年4月1日現在)(住友化学)