現在地
HOME > 株主・投資家情報 > イラストで紹介!工場見学 > メチオニン

メチオニン

愛媛工場では、動物の体内で合成することができない必須アミノ酸の一種であるメチオニンを製造しています。

メチオニンの役割

トウモロコシ等を主原料とした鶏を始めとする畜産飼料はメチオニンが不足していることが多いため、食肉や鶏卵の生産性向上を目的に、飼料添加物として広く使用されています。また、メチオニンを添加して飼料中のアミノ酸バランスを整えることで、動物の体内におけるアミノ酸の効率的な利用を促し、温室効果ガスの発生原因となる排泄物中の窒素酸化物を低減させる効果もあります。

製法の特徴:基礎原料から一貫製造するプロセス

当社のメチオニンの製法は基礎原料から一貫製造するプロセスであり、高いコスト競争力とともに安定的に生産できることが特徴です。

メチオニンの最終消費までの流れ

この工場で製造されたメチオニンは飼料メーカーに納められて、養鶏・養豚→食品加工→小売を通じて、食肉・鶏卵という形で皆さんの食卓に並ぶことになります。

住友化学(メチオニンメーカー)→飼料メーカー:メチオニンを飼料原料に配合。→養鶏・養豚農家:メチオニンを配合した飼料を購入し、鶏を育成。→精肉業者→小売・消費者

  • 「メチオニン」を扱う健康・農業関連事業部門のサイトはここをクリック!