POLYMER OLED

現在地
HOME > 住友化学の高分子有機EL照明

住友化学の高分子有機EL照明

有機EL照明の特長

  • 薄い面光源
    有機EL層の厚みは1マイクロメートル以下と、非常に薄型です。
  • 自然で目に優しい光
    有機物からの発光スペクトルは広い波長領域を示し、柔らかく、目に優しい光となります。白色は太陽光に近い自然な光であり、高演色性を示します。
  • 環境負荷の低減
    高いエネルギー効率、水銀フリーなどの特長により、環境への負荷を低減します。

有機EL照明 高分子型と低分子型の比較

高分子有機EL照明は単発光層のため、低分子有機ELに比べて製造工程が少なく、低コスト化が可能です。

有機EL照明には、高分子型と低分子型があります。
高分子有機EL照明は、製造工程が少なく、低コスト化が可能です。
住友化学が開発しているのは、高分子有機EL照明です。住友化学の高分子有機ELの技術を使えば、1回の塗布で発光層を形成でき、低分子型に比べて低コスト化や大型化が容易にできます。

住友化学の高分子有機EL照明の特長

  • 塗布(印刷)が可能なため低コストでの製造が可能
    発光材料が高分子のため、インク化して印刷することが可能です。これにより、大量・安価・大型の有機EL照明が容易に生産できます。また、どのような発光色でもたった1回の塗布(印刷)により作製することが可能です。
  • 発光色は無限大
    高分子発光材料の構造制御により、どんな色でも容易に発光色として実現できます。

これまで培った技術を生かして開発した当社の高分子有機EL照明は、従来にない新しい照明として、社会に新しい価値を提供するものと考えています。

将来性


フレキシブル照明

現状の基板はガラスが中心ですが、これをプラスチックにすると、軽い、割れない、フレキシブルに曲げられるなど、さまざまな特長を備え、デザインの自由度も高められます。

住友化学は、デザイン照明だけでなく、一般照明への展開を目指し、発光材料の性能の向上に取り組んでいます。また、プラスチック基板でのフレキシブルな照明の実現に向けて、開発を進めています。


開発計画

2013年にデザイン照明、2015年に一般照明への展開を目指しています。2015年のプラスチック基板照明の実現を目標に、開発を進めています。


プリンティッド・エレクトロニクスへの展開

高分子有機EL照明、ディスプレイ用高分子有機EL発光材、有機薄膜太陽電池、有機半導体を手がけることで、プリンティッドエレクトロニクスへの展開を推進していきます。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ窓口