POLYMER OLED

現在地
HOME > 開発経緯と体制

開発経緯と体制

開発経緯

住友化学は、1989年から高分子有機ELの開発を始め、2005年には高分子有機ELのパイオニア企業であるケンブリッジ・ディスプレイ・テクノロジー社(CDT社) 新しいウィンドウで開きますとの合弁会社「サメイション株式会社」を設立、2007年にはCDT社を完全子会社化しました。
さらに、2008年には高分子有機ELデバイスの製造技術開発を目的とした「デバイス開発センター」を設置。
2011年には、事業化の加速を図るため、高分子有機ELの開発も行う筑波研究所を「筑波開発研究所」と「先端材料探索研究所」に再編し、大阪工場で生産設備を完成させるなど、高分子有機ELの早期事業化に向けて注力しています。

1981 導電性ポリマーの開発を開始(通商産業省(現 経済産業省)プロジェクト)
1989 高分子有機ELの開発を開始
1990 ケンブリッジ大学が高分子有機ELの最初の成果を発表
1992 Cambridge Display Technology Limited (CDT社) 設立
2003 CDT社との共同開発を開始
2003 NEDOによるナショナルプロジェクト「フォーカス21」に参加
2005 ダウから高分子有機EL用材料事業を買収
2007 CDT社を完全子会社化
2008 愛媛に「デバイス開発センター」を設立
2011 筑波研究所を「筑波開発研究所」と「先端材料探索研究所」に再編
大阪工場で高分子有機ELの生産設備が完成

開発・製造体制

材料の開発はケンブリッジ・ディスプレイ・テクノロジー社(CDT社)と筑波開発研究所、プロセス開発は愛媛のデバイス開発センター、量産は大阪工場で行います。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ窓口