POLYMER OLED

現在地
HOME > 有機ELの基礎知識

有機ELの基礎知識

有機ELとは?

有機EL(Electro Luminescence(エレクトロ・ルミネッセンス)とは、電圧をかけると有機物が発光する現象を指します。この現象を利用した有機発光ダイオード(Organic light emitting diode:OLED)と呼ばれる物質全般も有機ELと言われます。

有機ELは、有機物の構造によって赤・青・緑など異なる色に発光します。各有機物は数百ナノメートル程度しかないため、有機ELを利用したディスプレイや照明は、薄型化が可能である等、さまざまな優れた特長を有しており、次世代のディスプレイや照明技術として期待されています。

発光の仕組み

有機ELに電圧をかけると、2つの電極からそれぞれプラスとマイナスの電荷を持つ「正孔」、「電子」が発生します。両者が有機物でできた発光層で再結合すると、発光層はいったん「励起状態」と呼ばれる高エネルギー状態になり、これが元の安定状態(基底状態)に戻る際に過剰なエネルギーが光として放出されます。この光の放出が発光です。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ窓口