現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌  2000 - II (2000年11月25日発行)

研究報告

住友化学 技術誌  2000 - II (2000年11月25日発行)

ポリオレフィンの複合化による環境分野への展開

最近、ポリオレフィン系素材は、軽量、低環境負荷性、易リサイクル性などの特徴から環境分野への展開が広がってきている。本稿では、機能性エチレン系共重合体、新規軟質ポリプロピレンおよびポリオレフィン系熱可塑性エラストマーを例にとり、それらを複合化することにより性能を発揮させている事例につき紹介する。
( page 4~11 by 藤田 晴教, 白谷 英助, 杉本 博之, 柳瀬 幸一, 宮崎 洋介 )

微細藻類による二酸化炭素の固定と有効利用

野外からの微細藻類の大規模スクリーニングによって、高温、高CO2条件下で高効率にCO2を固定するChlorellasp.を取得し、本株の特性評価を行うとともに、遺伝子解析などにより新しいタイプのChlorellasp.である可能性を示した。さらに、高密度培養に適した色素変異株の育種、および、将来的なChlorellasp.の分子育種に向けた脂肪酸不飽和化酵素遺伝子のクローニングなどを行った。
( page 12~18 by 村中 俊哉, 西出 哲也, 村上 仁一 )

アルミナ製品による環境負荷低減

環境意識の高まりの中、環境負荷低減技術の開発が進み、アルミナ製品の用途においても環境に貢献する応用例が広がりつつある。水質汚濁浄化用途では、吸着効果を持つ活性アルミナが、浄水からAs、Fなど毒性を有する元素の除去に利用されている。また、大気汚染浄化用途では、水酸化アルミニウムを焼却炉中に投入し生成する活性アルミナは、ダイオキシン類の発生抑制、飛散防止に効果を有することを見出した。活性アルミナハニカムや、ノンハロ難燃剤等とともにアルミナ製品を用いる環境負荷低減用途への応用例を紹介する。
( page 19~27 by 友政 敬雄, 杉本 昭治, 山西 修, 新葉 智, 蘆谷 俊夫 )

植物生育促進菌類(PGPF)入り資材の開発

土壌中には、植物の根圏に生息して植物の生育を促進させる作用を有する菌類が存在し、それらは植物生育促進菌類(PGPF)と呼ばれている。PGPFの中には生育促進効果ばかりか植物の耐病性を向上させる作用を有するものも多い。植物生育促進菌類入り資材(PGPF資材)とは、PGPFのなかでも特に効果の優れたフォーマ属の菌株を含有した農業資材であり、健苗の育成や土壌病害発生圃場での植物の耐病性の向上などに貢献することを目的としている。本稿では、PGPF資材の開発経緯、現地農家圃場での検討結果などについて紹介する。
( page 28~34 by 大内 誠悟, 大平 崇文 )

PRTRへの化学産業の取組み

PRTR制度導入の背景、OECD加盟国のPRTRへの取組み状況、日本化学工業協会のPRTRへの取組みとその内容、PRTR法の内容、PRTR法への対応と課題について述べる。
( page 35~39 by 福永 忠恒 )

精密化学品の工程管理におけるホルムアルデヒド分析法

精密化学品の合成工程におけるホルムアルデヒド分析法を検討した。滴定法、吸光光度法、ガスクロマトグラフ法、液体クロマトグラフ法が適用可能であるが、方法の選択は、試料に共存する生成物が分解してホルムアルデヒドを生成しないようにしなければならない。検討した中では、前処理にアセチルアセトンを用いる温和な誘導体化法と吸光光度法あるいは液体クロマトグラフィーを組み合わせる方法が、共存する生成物からのホルムアルデヒドの生成を抑え、良好な選択性と感度を示すことがわかった。
( page 40~44 by 田口 敏, 山本 潔, 吉田 優美, 吉村 千鶴, 広瀬 崇, 滝川 宏司 )

小型サルのコモンマーモセットを用いた安全性評価

小型サルであるコモンマーモセットの安全性評価研究への導入を検討した。実験手技では、器具や試薬を工夫することにより、カニクイザルと同様に幅広い検査への使用が可能であった。実験動物としての特性では、従来の動物種では予測が困難であった抗精神病薬の副作用を予測するモデルになることが明らかとなった。このように小型で取扱いやすく、ヒトに近い霊長類としてのデータが容易に得られるため、安全性評価に加え薬効評価等の幅広い分野での展開が期待できる。
( page 45~50 by 福岡 俊文, 祝迫 隆行, 松本 淳, 中 野実 )

【技術紹介】熱分析による医薬品の安全性予測

【技術紹介】2層構造ペレットの開発

【技術紹介】害虫駆除製剤

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。