現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌  2001 - II (2001年11月30日発行)

研究報告

住友化学 技術誌  2001 - II (2001年11月30日発行)

住友化学の新しいε-カプロラクタム製造技術

住友化学ではアンモキシメーションと気相ベックマン転位を組み合わせた新しい技術を採用してカプロラクタムの増強を計画している。これは硫安を全く副生
せずにカプロラクタムを製造する世界で最初の商業プラントである。本稿では新プロセスの紹介と、当社が開発した気相ベックマン転位に使われる高シリカMFIゼオライトを主成分とする触媒について、そのユニークな特徴について紹介する。
( page 4 - 12 by 市橋宏, 深尾正美, 杉田啓介, 鈴木達也 )

液晶ポリマー「スミカスーパーLCP」のコネクター用途への応用

LCP 用途としてもっとも市場の大きいSMT 対応コネクターを対象に、ソリ低減のため成形時の流動パターンを考慮した設計の考え方について述べる。また、フィラー組成も流動パターンに影響することから、最適化されたスミカスーパーLCP のコネクター用グレード群を紹介する。LCP のCAE 解析とその有効性についても言及する。
( page 13 - 19 by 永野聡, 山内宏泰, 平川学 )

ブロー成形用新規PP 素材の開発

新規なブロー成形用ポリプロピレン“AS821”を開発した。ブロー成形性に関して、“AS821”はダイスウェルの剪断速度依存性が非常に小さいため、パリソン厚さのコントロール性に優れる。さらに冷却速度が速いため、成形サイクル短縮による生産性の向上が可能である。また、物性面でも従来のポリプロピレンおよび高密度ポリエチレンの代表的なブローグレードと比較して透明性に優れ、かつ衝撃強度が飛躍的に向上したため容器の軽量化も可能である。
( page 20 - 26 by 城本征治, 永松龍弘, 鈴木治之, 荻原俊秀 )

超臨界メタノールを用いた脂肪酸メチルエステルの製造方法

大豆油や廃食用油などの油脂とメタノールを反応させて脂肪酸のメチルエステルを製造する方法を検討した。メタノールが超臨界状態となる条件で反応を行うと、無触媒でも高反応速度でメチルエステルが得られることを見出した。本プロセスは従来のアルカリ触媒を用いたプロセスと異なり石鹸成分の副生がないクリーンでシンプルなプロセスであり、石鹸を分離する水洗工程の簡略化が可能である。
( page 27 - 31 by 後藤文郷, 鈴木智之, 佐々木俊夫, 舘野辰夫 )

マイクロリアクタの現状と展開 -合成実験、分析、製造への新規アプローチ-

有機合成反応では、微小反応場になるほど反応収率が高く(本報告者の仮説)、拡散律速反応であれば反応時間が短くて済む。このため工業的な生産規模も達成できる。さらに標的化合物への最適合成ルートの設計システムと統合すれば、医薬品のような標的化合物の合成が、迅速かつ信頼性高く実現できる可能性がある。有機合成場のダウンサイジング化に伴う物理・化学現象を踏まえて、合成反応への適用例, 従来のスケールアップからナンバリングアップによる生産設備の可能性などを、最近の技術動向から紹介する。
( page 32 - 45 by 岡本秀穂, 橋爪新太 )

安全性薬理試験の実際

安全性薬理試験は新規医薬品のヒトに対する安全性を薬理学的観点から検討する非臨床試験である。昨年、被験物質のヒトに対する安全性の検討と副作用予測を目的とした安全性薬理試験ガイドラインが日米EU 医薬品規制調和国際会議(ICH)において制定された。本稿では安全性薬理試験ガイドライン制定の経緯およびその内容について解説し、さらに安全性薬理試験において最も重要と考えられる生命維持機能の評価体制について循環器系を中心に紹介する。
( page 46 - 52 by 三野照正, 野田有宏, 辻本伸治,杉本眞一, 中野実 )

運転制御分野におけるプロセスシステム工学の活用

プロセスシステム工学(PSE)は、プラントのライフサイクルにおける様々な段階での工学的意志決定の問題を合理的に解決するための技術を与える。その中で近年活発な研究および実用化が進み、これからも幅広い展開が見込まれている運転制御の分野に焦点をあて、そこで利用されているダイナミックシミュレ-ションやアドバンスト制御などの要素技術やそれらの社内活用事例を紹介する。併せて、今後の課題と展望について述べる。
( page 53 - 59 by 轡義則 )

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。