現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌 2006 - II (2006年11月30日発行)

研究報告

住友化学 技術誌 2006 - II (2006年11月30日発行)

マラリア防除用資材オリセット®ネットの開発

オリセット®ネットは、ペルメトリンというピレスロイド殺虫剤を樹脂に練りこみ製造された繊維によりできたマラリア媒介蚊防除用の蚊帳である。最も重要な特徴は洗濯によりネット表面から薬剤が流亡しても繊維内部から薬剤が表面にブリードし再び効果を示すことである。また、繊維そのものが丈夫なため、アフリカにおいて少なくとも5年間の効力、耐久性が確認されている。
( page 4~11 by 伊藤 高明,奥野 武 )

住友®EPPEの特徴と用途展開

EPPE(Easy processing Polyethylene)は、成形加工性と強度のバランスを最適化した新規なポリエチレンである。EPPEの分子構造上の特徴は、長鎖分岐を有することであり、この構造に起因して、高圧法低密度ポリエチレン(HP-LDPE)に匹敵する優れた成形加工性と高い機械的強度を兼ね備えたユニークな材料となっている。EPPEは、低溶融トルクや高溶融張力などの特異な溶融特性により、低温成形や高速成形が可能である。これらの特徴に基づき、本稿では、低臭気、低味覚フィルムやクリーンフィルムなどの高品質フィルムの開発、成形加工時の消費エネルギーの削減など環境問題への対応、生産性の改善などの応用展開について紹介する。
( page 12~19 by 近成 謙三,永松 龍弘 )

新規殺虫剤クロチアニジンの創製と開発

クロチアニジンは住化武田農薬(株)が開発・上市したチアゾール環を有する新規なネオニコチノイド系殺虫剤である。ネオニコチノイド系殺虫剤は浸透移行性を有し、半翅目、アザミウマ目害虫を中心とした吸汁性害虫に活性が高いのが特徴である。クロチアニジンは双翅目、甲虫目、鱗翅目などの害虫にも殺虫スペクトラムが広がり、さまざまな処理方法が可能な優れた殺虫剤である。本稿ではクロチアニジンの開発経緯、生物活性、安全性、製法等について紹介する。
( page 20~33 by 采女 英樹,高延 雅人,赤山 敦夫、,横田 篤宜,水田 浩司 )

非破壊材料検査技術の最近の動向と化学プラント装置への適用

化学プラント装置の安全、安定操業を維持し、寿命延長を図るための新しい設備管理手法としてRBI(Risk Based Inspection;リスク基準検査)やFFS(Fitness For Service;供用適性評価)が取り入れられようとしている。これらの設備管理手法に必要な検査技術として、応力腐食割れの検査方法、運転中検査のための高温部位の検査方法、また、炭素鋼製反応器のバッフル下反応管の検査方法、そして、産学共同研究により転がり軸受診断技術を開発したので、本稿ではこれらの事例を紹介する。また、本稿で紹介する非破壊検査技術が回転設備等からの異物混入防止対策として応用可能であるため、この点についても紹介する。
( page 34~43 by 森 久和,末次 秀彦 )

EU規制の環境負荷物質の分析

近年、EUで環境汚染防止の対策として、有害物質の使用制限に関する先進的な規制が制定されている。自動車のELV指令に続き電気・電子機器に対しても有害物質の使用規制が検討され、WEEE指令、RoHS指令が制定された。ELV指令では重金属4種(Cd、Pb、Hg、 Cr6+)の使用が、RoHS指令では同重金属4種に加え臭素系難燃剤2種(ポリ臭素化ビフェニル、ポリ臭素化ジフェニルエーテル)の使用が規制されている。このような状況のもとで、製品中の有害物質管理の重要性が益々増大してきている。本稿では、規制元素であるCd、Pb、Hg、Cr、BrのXRFによるスクリーニング分析と、各種分析装置による精密分析について紹介する。
( page 44~51 by 小笠原 弘,田中 桂,真鍋 秀一朗 )

【技術紹介】広栄化学工業株式会社における気相反応技術

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。