現在地
HOME > 研究開発 > 研究報告 > 研究開発論文 > 住友化学 技術誌 2008 -Ⅱ (2008年11月28日発行)

研究報告

住友化学 技術誌 2008 -Ⅱ (2008年11月28日発行)

新規農薬製剤プルート®MCの開発 -茶の難防除害虫クワシロカイガラムシへの適用拡大-

住友化学(株)が開発したプルート®MCは、冬期散布処理(1月~3月)で茶のクワシロカイガラムシ防除を可能にするという新しいコンセプトの殺虫剤である。本剤は散布におけるドリフト問題を軽減するため、9%のピリプロキシフェンを含有するマイクロカプセル製剤となっている。本剤の施用時期と効果の関係を種々検討した結果、冬期散布処理で長期にわたる高い防除効果を示すと同時に、蚕毒リスクを大幅に軽減することを実現した。本剤はIPM(総合病害虫防除管理)プログラムに適応する性能を有しているだけでなく、更に茶栽培者の労力を大幅に軽減することも実現している。本稿ではプルート®MCについて、そのカイガラムシに対する基本性能、製剤設計、および施用時期と効力の関係について報告する。
( page 4~13 by 諫山 真二,津田 尚己 )

有機分子触媒による直接的交差アルドール反応 -抗エイズ薬共通中間体の実用的製造法の開発-

我々は、重金属を含まない環境調和型触媒である有機分子触媒に着目し、医薬化学品の効率的な合成法へ応用展開を図っている。今回、安価で環境にもやさしい L-プロリンを有機分子触媒として用いた直接的不斉交差アルドール反応を鍵反応に利用することにより、抗エイズ薬の共通中間体(3R,3aS,6aR)- ヘキサヒドロフロ[2,3-b]フラン-3-オール(略称:BFOL)の実用的な製造法を開発したので紹介する。
( page 14~22 by 池本 哲哉,渡邉 要介 )

遷移金属錯体触媒で制御された芳香族ポリマーの精密合成

遷移金属錯体触媒で制御された芳香族ポリマーの精密合成として、フェノール性モノマーの酸化重合と非対称官能化モノマーのクロスカップリング重合について、著者らの研究を主に紹介する。酸化重合はクリーンな合成法として見直され、フェノール類のラジカル制御酸化重合やナフトール類の不斉酸化カップリング重合が見出され、位置選択性や立体選択性が制御可能になった。熊田・玉尾型や鈴木・宮浦型のクロスカップリング重合については、Head-to-Tail 選択性が制御されるだけではなく、触媒移動重合により逐次型から連鎖型に変換できるようになった。
( page 23~38 by 東村 秀之,窪田 雅明,大内 一栄,福島 大介,田中 健太 )

粉末X線回折法を用いたBicalutamide結晶多形の構造解析 -密度汎関数理論計算とリートベルト解析を用いた構造モデルの検討-

粉末法X線回折データから結晶構造解析する研究が盛んになり、結晶学にとどまらず材料関連の雑誌にも多数報告されるようになってきた。しかし、粉末X線回折法による結晶構造解析は、単結晶X線回折法と比較して本質的に反射が重なるために結晶構造の決定は難しい。本稿では粉末X線回折法による Bicalutamideの結晶多形form-Iとform-IIの結晶構造解析において、リートベルト法と密度汎関数法(DFT法)による構造最適化を併用した構造モデルの検討を紹介する。
( page 39~47 by 乾 昌路,上田 正史 )

SEC/ESIMSによる合成高分子の構造解析

一般的に合成高分子は分子量分布が広く、そのまま質量分析法で解析する事は困難である。しかし、試料中に存在する低分子量成分(~1万程度)に着目し解析すれば、繰り返し構造等の情報を得ることもできるはずである。本稿では、汎用の四重極型質量分析計を用いたSEC/ESIMS法による解析方法、解析事例、問題点について述べる。
( page 48~56 by 土田 好進,山本 恵子,山田 公美 )

体感教育による安全確保への取り組み

住友化学(株)では、体感教育の一コースとして2007年1月から新たにFE体感研修を開講した。この研修は、工場の安全・安定操業および研究開発業務での安全確保を達成する為に、各部門の核となる技術者の保安防災に関する知識および感受性の向上を目的としている。カリキュラムに体感実習を組み込んだ集合研修を通して、受講者は、危険性を体感する経験に裏打ちされた確実かつ実践的な保安防災に関する知識を体得することが可能となる。本稿では、当社での体感教育による安全確保への取り組みについて紹介する。
( page 57~63 by 丸野 忍 )

【技術紹介】残留農薬分析の新しいシステムとその方法

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。