サービス概要

サプライチェーン

住友化学の核酸医薬事業におけるサプライチェーン・マネジメントとは、製薬各社様に安定した品質のAPIを安定的に供給するために、原材料や部材の調達に係わる全体像を最適化することです。

この調達網は全世界に所在する複数の企業に渡るものであり、また核酸医薬の開発が活況な中、原料サプライヤーも進歩と変化を繰り返しているのが実情です。
そのため当社では一連の原材料や部材の流れを正確に把握するため、様々な原料サプライヤーとのコンタクトを積極的に行い、それぞれの生産状況やQA/QCシステム、および研究施設の現地視察を進めております。

安定した原料調達にあたっては、
(1)安定した品質を得るための化学的・科学的な知見
(2)レギュレーションに即した対応
を当社が基盤として有するだけでなく、サプライヤー各社様との間でこれらの情報を友好的に共有することにより、
それぞれの課題と得意技術・解決技術を組み合わせることで、相互利益関係を構築することが重要と考えております。
そのため当社では、組織横断的なメンバー構成によるサプライチェーンマネジメントチームを編成するとともに、海外関係会社とも連携した活動を行っております。

サプライチェーンマネジメントチームでは、当社での核酸医薬APIの安定製造と安定供給を盤石とするため、今後もサプライヤー各社様とのwin-winの関係構築を進めてまいります。