有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイは、高速応答・高コントラスト・幅広い視野角などの高画質に加え、薄型・軽量・曲面形状などを可能にします。

用途

住友化学は、コアテクノロジーとしてポリマー型有機ELの技術を有しています。ポリマー材料は、インクジェットなどの印刷法による大面積ディスプレイの画素形成に適しています。住友化学の有機EL材料は、量産可能な高精度の印刷を可能にし、フルカラーディスプレイに必要な3原色の発光と高い発光効率、長寿命の発現をお約束します。

ポリマー有機ELの代表特性(スピンコート素子)

@1000cd/m2
発光効率(cd/A 24 76 9.2
色(CIE-x,y 0.66, 0.34 0.32, 0.63 0.14, 0.12
T95 寿命(hrs) 5800 25000 750
電圧(V 4.0 5.5 4.0
  • ITO/正孔注入層/インターレイヤー層/発光ポリマー層/低仕事関数陰極
  • 正孔注入層、インターレイヤー層、発光層は全て印刷により成膜されます
  • 3原色で共通かつ単純な素子構造です

材料の特長

住友化学は、材料科学及びデバイス物理を基礎として、印刷で形成される次世代のディスプレイと照明のための高性能な有機EL材料を開発しております。我々はまた、印刷過程の現象の理解を通じて、印刷法で製造する際に鍵となるインクのフォーミュレーションを最適化することにも力を入れております。

インクジェット印刷の特長

印刷で形成された有機層が優れた特性を発現するためには数多くの技術が必要ですが。住友化学はそれら多くの技術に優位性を有しています。
下図は、インクジェットで形成される発光ピクセル全体で、均一な発光を実現するピクセル内の有機層の平坦性を示したものです。これらの有機層は、デバイスとして求められる膜厚とその均一性を達成できています。この技術は第8世代基板以上の製造にも適用できるものです。

  • RBG: 100×280μm 58ppi

CONTACT

お問い合わせ

プリンテッド・エレクトロニクス技術についての疑問や、各種ご相談、お見積など、なんでもお気軽にご相談ください。