知的財産

基本方針

住友化学は、以下の基本方針のもと、知的財産活動を行っています。

  1. 事業戦略と一体となり推進する
  2. グローバルな事業価値を生み出す
  3. 全ての技術開発成果の活用を図る
  4. 法を遵守し、権利を尊重する

第三者の有効な特許についてはこれを尊重する一方、研究・技術開発により生み出した成果について、「広く、早く、強
く、長く持続する特許」をグローバルに取得して保護・権利化し、当社および当社グループの事業活動を戦略的に進め、事
業価値の最大化を図るよう努めています。

  • 部門別保有特許件数(住友化学)/国内・海外特許出願件数(住友化学)

知的財産活動

知的財産部門には、特許の出願・権利化のみならず、研究開発や事業化の各ステージにおいて、適時、的確に知的財産の調
査・解析を行い、研究部門や事業部門に必要な提言を行うことが求められます。住友化学では、新規テーマ探索や顧客・
協業候補探索などの際に、知的財産および事業情報を複合的に解析するIP(知的財産)ランドスケープ調査を行い、研究開
発戦略、事業戦略、知的財産戦略立案に活用しています。また、各ステージで他社権利解析を行い、知的財産リスクの早期
対策、最小化に努めております。それぞれのステージに適した関連技術や他社特許の動向などの調査・解析を、昨今進歩
の著しい知的財産検索ソフトウェアやAI技術も積極的に利用し、効率的に実施しています。
競争が複雑かつ激化するなか、当社グループの事業のグローバル化は進んでおり、国内外のグループ会社においても、
それぞれの事業戦略や運営体制に即した形で、特許をはじめとした知的財産権の調査・解析と特許ポートフォリオの構築
を行うことがますます重要となっています。当社では、それらの活動を、事業部門および国内外のグループ会社と密接に
連携しながら行っており、アジア・米州・欧州の各国を含めた海外での知的財産権の出願・権利化を進め、当社の海外事
業活動基盤の強化を図っています。

  • 2020年度 地域別保有特許比率(住友化学)

「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参加

住友化学は、世界で広がる新型コロナウイルス感染症対策として、2020年6月より「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に支援者として参加しています。
本宣言は、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を唯一の目的とした開発、製造、販売などの行為に対し、一定条件下において、保有する知的財産権を行使しないことを要旨とするものです。今後も本宣言を尊重した上で、新型コロナウイルス感染症のまん延防止対策において、他の企業や団体との協力の可能性についても検討していきます。