レスポンシブル・ケア活動

レスポンシブル・ケア(RC)とは、化学製品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄に至るライフサイクルにおいて、「安全・環境・健康」を確保すること、製造する化学製品の品質維持・向上を図ること、そしてこれからの活動について、対話を進めることで社会からの信頼を深めていくことを目指す、化学産業の事業者による自主的な取り組みです。
住友化学グループは、「安全をすべてに優先させる」の基本理念の下、さまざまな観点からRC活動に取り組んでいます。

レスポンシブル・ケア活動を通じたSDGsへの貢献

  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう

住友化学は、レスポンシブル・ケア活動において重点的に取り組むべき事項を「レスポンシブル・ケア活動方針」として定め、全社各事業所ならびに各グループ会社で毎年策定する具体的な活動目標や計画に反映させています。

住友化学グループのSDGsへの貢献