労働安全衛生

労働安全衛生の基本的な考え方

住友化学は、「安全をすべてに優先させる」という理念のもと、基本理念に基づく指針や「私の基本理念実行5原則」を設定し、全社従業員および当社でともに働く協力会社を含む全ての関係者が一体となって、「事故・災害ゼロ」を目標として安全活動を展開しています。
当社では、労働安全衛生管理システムの認証を取得し、リスクアセスメントに基づく改善に至るまでの一連の取り組みをPDCAで実施しています。また、その安全に関する取り組みおよび実績は、年度末に社長を委員長とするレスポンシブル・ケア委員会でレビューを行い、来期サイクルへと継続的につなげることで、災害を未然に防止する安全衛生活動を強化しています。

  • 当社は、OHSAS18001と同様のJISHA方式の「OSHMS」を導入・運用することで、労働安全衛生・健康の観点からリスクマネジメントを行い、健全な企業経営を行っている

基本理念:安全をすべてに優先させる

基本理念の根拠

  1. 安全衛生はライン管理が基本である
  2. 安全衛生は一人一人に遂行責任がある
  3. 安全衛生は協力会社と一体である

私の「基本理念」実行5原則

  • あらゆる業務において安全衛生の確保を最優先します
  • 安全衛生上の問題を現地で摘出し改善します
  • ルールおよび指示を遵守します
  • 勤務時間の内外を問わず24時間安全人としての行動に徹します
  • 協力会社を含む全ての関係者と協力して安全衛生を確保します

2017年度の安全衛生の実績

住友化学グループでは、「グループ休業災害度数率0.1未満」の目標に対して、2017年度の度数率は0.26でした。日本の化学工業(0.81)と比較すると良好な成績ですが、目標とする0.1未満に対して未達となりました(前年度比+0.12)。また、グループ重大災害の0件の目標に対しては、2件発生しました(前年度比+2件)。2017年度の休業災害件数は、前年度比8件増となりました。

休業災害度数率(住友化学)

★第三者保証対象項目

休業災害発生状況(住友化学グループ

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度

件数

12 10 17 9 17

(注)精度向上のため、過年度に遡及してデータを修正

  • 住友化学、住友化学協力会社、国内・海外グループ会社の従業員

労働災害防止の取り組み

個々の災害原因を徹底究明するとともに、安全基本ルールの徹底、危険予知トレーニング、災害情報共有などを通じて、災害防止に取り組んでいます。また、工場に入構する工事協力会社にも安全の基本理念やグラウンドルールの書かれたポケットサイズのしおりや入構証を配布・周知し、「安全をすべてに優先させる」取り組みを進めています。

住友化学グループの安全基本ルール(グラウンドルール)の徹底

災害発生原因の傾向に鑑み、以下のグラウンドルールを定め、安全行動の定着に努めています。

  1. 作業前に一呼吸置く
  2. 不安全行動に対して相互注意する
  3. 機器可動部には手を出さない

危険予知能力の向上

危険予知能力(危険を察知し回避する能力)を向上させるため、イラストを用いた職場討論や体感訓練などを行っています。

災害情報の共有と活用

住友化学グループの全災害情報を共有し、安全教育や現場総点検などに活用しています。災害が発生した事業所では、事業所幹部や安全担当者が参加した現場査察を通じ、徹底した原因究明と再発防止策の検討を行っています。

安全表彰

休業無災害記録を達成した事業所は安全表彰の対象となります。さらに他の模範となる安全衛生活動を実施し、かつ良好な安全成績を達成した職場に対しては社長安全職場表彰制度があり、2017年度は7職場が受賞しました。

社報および安全衛生スローガン・ポスターによる安全啓発

2013年度から「レベルUP! 安全力」と題して、作業場面ごとに起こりやすい災害事例と安全のためのポイントを社報に掲載しています。また、安全衛生スローガンと安全衛生ポスターを募集し、優秀作品を各職場に掲示するなど、安全の啓発を行っています。

アスベスト問題への対応

アスベスト含有物が使用されている建造物への対応

住友化学のすべての建造物について、アスベスト含有物の使用実態を調査し、「石綿障害予防規則」に基づいたアスベストの除去、封じ込め、あるいは囲い込み等の対応を2005年12月までに実施しました。

当社を退職された方の健康面への対応

住友化学在職中に、アスベスト含有物を取り扱った経験がある退職者の方から申し出があった場合には、アスベスト含有物の取り扱いの程度に関係なく、健康診断を受けていただくとともに、ご相談に対応させていただいています。本件に関する対応状況は下表のとおりです(2014年10月31日現在)。

健康診断を受診された方 1,593名
「労働者災害補償保険法」の労災保険給付の適用認定を受けている方 29名
「健康管理手帳」の交付を受けている方 71名
「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づく特別遺族補償給付の適用認定を受けられた方 5名
  • 治ゆ判定された方は除く

なお、健康診断のご案内につきましては、トップページの「住友化学をご退職された皆さまへ(PDF: 84.8KB)」に掲載しています。