ワークライフバランス

ワーク・ライフ・バランスの推進のための取り組み

住友化学はこれまで、労使代表者によるワーク・ライフ・バランス推進労使委員会を定期的に開催し、従業員のニーズを的確に把握することで、ワーク・ライフ・バランス推進のためのさまざまな施策を実現してきました。
毎年5月・11月については「ワーク・ライフ・バランス推進月間」と位置づけ、会社・労働組合協働でワーク・ライフ・バランスの推進につながる諸取り組みを実施しています。当社がさらなる発展を遂げていくには、これまで以上に従業員一人一人がやりがい、働きがいをもって業務にあたり、生産性を一層高めていくことが求められます。こうした観点から、2017年11月の推進月間では、「生産性の高い働き方に向けてどのように取り組んでいくのか」というテーマで各職場においてミーティングを開催しました。
今後とも、当社の良き伝統である自由闊達で談論風発な議論を通じて、ワーク・ライフ・バランスの実現と生産性の向上を目指します。

ワーク・ライフ・バランスのための諸制度・諸施策
妊娠・出産・育児の際に利用できる制度・措置

ワーク・ライフ・バランスに関する諸制度の実績(住友化学)

育児・介護支援

制度・施策名 2015年度 2016年度 2017年度
育児休業★  185 248 304
男性 101 142 175
女性 84 106 129
介護休業 3 3 3
介護休暇 132 134 153
出産サポート休暇 167 204 237
マタニティー休暇 58 55 48
特別保存休暇※1 59 62 72
短時間勤務制度 114 118 134
在宅勤務制度※2 13 15 16
キャリアリカバー制度※3 11 12 8
事業所内保育所※4 156 (101) 161 (108) 167 (118)
共済会育児支援金※5 175 195 211

その他

制度・施策名 2015年度 2016年度 2017年度
配偶者の海外転勤に同行する社員の特別休職※6 6 7 9
社員意識調査※7 - 8月実施 -

(注) 実績は嘱託、パートタイマー、派遣社員を除く

  1. 育児・介護事由のみ
  2. 各年度末時点認定者数
  3. 各年度末時点登録者数
  4. 各年度4月1日時点利用者数 住友化学以外の利用者数を含む。( )内は住友化学利用者数
  5. 各年度末時点該当者延べ人数
  6. 各年度末時点適用者数
  7. 3年に1回実施
  • 次世代認定マーク
    「くるみん」

くるみんマーク

2015年9月、住友化学は「子育てサポート企業」として認定を受け、3回目となる次世代認定マーク(くるみん)を取得しました。この認定は、次世代育成支援対策推進法に基づいて策定した行動計画を遂行し、かつ認定基準を全て満たした事業主が、厚生労働大臣の認定を受ける制度です。
今回の認定は、第1期(2005年4月~2007年5月)、第2期(2007年6月~2012年5月)に続く、第3期(2012年6月~2015年3月)の取り組みに対するもので、当社におけるワーク・ライフ・バランス推進に資する諸取り組み(事業所内保育所の増設や諸休暇の取得促進など)が評価されました。