スミカエクセル PESの電気的特性

スミカエクセル PESは耐熱性の電気絶縁材料であり、200℃を越える高温まで誘電率、誘電正接、絶縁抵抗に優れた特性を維持しています。

誘電正接

スミカエクセル PESの誘電正接は20~150℃の温度範囲でほぼ0.001と低い値で安定しています(図1)。
誘電正接の周波数依存性では109Hzでも0.003程度です(図2)。

図1 誘電正接の温度依存性(60Hz)

図1 誘電正接の温度依存性(60Hz)

図2 誘電正接の周波数依存性(室温)

図2 誘電正接の周波数依存性(室温)

誘電率

スミカエクセル PESの誘電率は60~109Hzにわたって一定(3.5)であり、試料が吸水している場合でも少し高くなるだけです(図3)。

図3 誘電率の周波数依存性

図3 誘電率の周波数依存性

体積固有抵抗

スミカエクセル PESの体積固有抵抗は200℃においても1011Ω・mと高い値を有しています(図4)。

図4 体積固有抵抗の温度依存性(分極時間1000sec)

図4 体積固有抵抗の温度依存性(分極時間1000sec)
スミカエクセル PESへのお問い合わせはこちらからどうぞ