情報電子化学品研究所

液晶や有機ELなどのフラットパネルディスプレイに使用される、光学機能性フィルム、カラーレジストや半導体製造工程で用いられるフォトレジストなどの研究開発を行っています。
顧客のニーズに対応した高機能・高付加価値製品をタイムリーに提供するため、各製品に使用される材料の開発にも注力するほか、これまでに培った化学品技術を基盤とし、時代を先取りした次世代技術・材料開発にも精力的に取り組んでいます。

  • 液晶ディスプレイの表示特性評価

    液晶ディスプレイの表示特性評価

主な研究内容

偏光フィルム

  • 「折り鶴」(塗布型偏光板で作成)

偏光フィルムは、液晶や有機ELなどのフラットパネルディスプレイに不可欠な部材です。高輝度、高コントラスト、高視野角などディスプレイの性能向上に寄与しています。次世代のフレキシブルディスプレイへの適用が可能な塗布型の偏光板材料の開発にも取り組んでいます。

ディスプレイ向け前面フィルム

  • フレキシブルデバイス(イメージ)

次世代ディスプレイとして注目されるフレキシブルディスプレイでは、すべての部材が曲げられるようになる必要があります。ディスプレイに必須のカバーガラスもその一つです。代替材料として、軽量で外部衝撃に強く、何度でも折り曲げられる前面フィルムを開発。フレキシブルディスプレイの実現に貢献しています。

タッチセンサーパネル

  • タッチセンサーの検査

指で触れたことを電気信号として検知するタッチセンサーパネルは、位置の正確性や、感度の高さが要求される高度なセンサーデバイスです。ガラス製タッチセンサーから、曲面ディスプレイに対応したフィルム製のものまで、ディスプレイデバイスのさらなる進化を支えるべく、これからも研究開発を進めていきます。

カラーレジスト

  • カラーレジストによる色彩表現(イメージ)

カラーレジストは、液晶や有機ELなどのフラットパネルディスプレイの色特性をつかさどるカラーフィルターの重要な材料です。当社は、有機合成技術と染料事業で培った色材技術を融合させ、従来品に比べ飛躍的な高輝度・高色再現性を実現した染料系カラーレジストを世界に先駆けて開発しました。ディスプレイの色特性の追求に応えるため、これからも研究開発を進めていきます。

フォトレジスト

  • フォトレジストの使用イメージ

半導体の高集積化を担う材料としてのフォトレジストの研究開発、工業化を進めています。i線、KrFエキシマ、ArFエキシマ、液浸ArFエキシマのプロセスに対応したフォトレジストで、半導体デバイスの進化に貢献するとともに、次世代の最先端プロセス製造に用いられるEUVレジストの研究開発も行っています。

化合物半導体材料

  • エピウエハの開発(イメージ)

GaAs(ガリウムヒ素)、GaN(窒化ガリウム)をはじめとする化合物半導体材料は、シリコン半導体では得られない優れた特性により用途を拡大し続けています。パワーデバイス用途や、有害元素の不使用などを通して、省エネや環境負荷低減を実現するため、新規基盤およびエピウエハの開発を進めています。