ステークホルダーとのコミュニケーション

基本的な考え方

住友化学グループは「サステナビリティ推進基本原則」の「原則4」において「当社グループは、サステナビリティ推進に関する取り組み目標や進捗状況について、積極的な開示や対話を推進し、さまざまなステークホルダーと協働します」と謳っています。この原則4に基づき、当社グループのステークホルダーとのコミュニケーションは、以下の2つに分類できます。

①開示面で示す
必要な情報を公開し、各種取り組みなどの進捗を報告しています。さらに、社会の要請を適宜確認し、外部からの評価結果を検討のうえ、現状を改善し、適切な開示につなげています。
②対話面で示す
積極的な情報開示に加えて、さまざまなステークホルダーと双方向のコミュニケーション、すなわち対話を実施しています。その対話で得られた意見に基づき、改善や新たな取り組みにつなげています。

開示・対話の二つの側面で、さまざまな機会を通じてコミュニケーションの充実に努めることでステークホルダーの皆さまへの責任を果たすとともに、国際社会や地球環境にも配慮し、私たちの将来世代へ持続可能な社会をつないでいきます。

ステークホルダーとのかかわり

  • ステークホルダーとのかかわり

各ステークホルダーとのコミュニケーション機会

ステークホルダー住友化学グループの責任アプローチ方法
株主・投資家

株主・投資家との間で、経営方針、事業戦略および業績動向に関する計画的、効果的かつ戦略的なコミュニケーションを行い、株主への説明責任を果たし、市場からの信頼の維持・向上を図るとともに、当社への正しい理解を通じて、適正な株価形成と企業価値向上に努めます。

  • 株主総会
  • 経営戦略説明会/事業戦略説明会
  • ネットカンファレンス
  • 個人投資家説明会
  • 個別面談
  • 住友化学レポート、インベスターズハンドブック、サステナビリティデータブックなどIRツールの発行
  • ウェブサイトおよびSNSなどによる情報提供

お客さま

お客さまに、満足かつ安心して使用していただける品質の製品とサービスの提供を通じて、お客さまとの長期的な信頼関係を構築することに努めます。
  • 営業活動を通じたコミュニケーションや品質保証のサポート
  • ウェブサイトおよびSNSなどによる情報提供
  • お客さま相談窓口によるお客さまサポート

取引先

購買基本理念のもと、取引先との相互発展的で健全な関係を構築することに努めています。また、公正・公平かつ透明性を確保した取引を自ら行うことはもちろんのこと、取引先にもサステナビリティへの取り組みを励行していただけるように、サプライチェーン全体を通じてサステナブル調達の取り組みを推進します。
  • 購買活動を通じてのコミュニケーション
  • 住友化学グループサステナブル調達ガイドブック、チェックシートを使用したモニタリング、フィードバック
  • 問い合わせ窓口

従業員

従業員の健康と多様性の尊重に留意しながら、従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮していける人材育成と職場環境づくりに努めています。また、住友化学と住友化学労働組合は、これまで築き上げてきた相互理解と信頼に基づく良好な労使関係を維持します。
  • 中央労使協議会、事業場労使協議会
  • ワーク・ライフ・バランス推進労使委員会
  • 各種研修
  • 社報およびイントラネット

地域社会

国際イニシアティブとの協働による「世界を取り巻く諸課題解決への貢献」や情報開示の充実および双方向の対話の実践を通じた「地域との共存共栄」に努めます。
  • 国際イニシアティブへの参画(UNGC、WBCSD、ICCAなど)
  • ウェブサイト、住友化学レポート、インベスターズハンドブック、サステナビリティデータブック、SNSなどによる情報提供
  • 地域対話の実施
  • 社会貢献活動(アフリカ教育支援、理科教室の開催、清掃活動など)

社外からの評価(ESG関連)

ESG指数への組み入れ

ESG指数は、企業をESGの観点から評価し、高い評価を得た企業で構成される株価指数のことです。ESGに優れている企業は、長期的な成長が期待できるとともにサステナブルな社会の実現に貢献する企業として評価されています。
当社が採用されている主なESG指数を紹介します。

ロゴ概要リンク

世界的なインデックスプロバイダーであるFTSE Russell 社が設計した指数です。世界の主要企業の中から、ESG について優れた対応を実践している企業を選別して構成されています。

FTSE4Good Index Series

世界的なインデックスプロバイダーであるFTSE Russell 社が設計した指数です。ESG について優れた対応を実践している⽇本企業を選別して構成されています。FTSE Japan Indexを構成する銘柄の中から選別され、インダストリー・ニュートラルとなるよう設計されています。

FTSE Blossom Japan Index

世界的なインデックスプロバイダーであるFTSE Russell社が設計した指数です。各セクターにおいて相対的にESGについて優れた日本企業のパフォーマンスを反映する指数で、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにおいて改善の取り組みが評価されている企業のみが組み入れられています。

FTSE Blossom Japan I ndex

世界中の機関投資家に対して、投資の意思決定をサポートするさまざまなツールを提供しているMSCI 社が設計した指数です。MSCI ジャパンIMI トップ500 指数を構成する銘柄の中から、ESG 評価に優れた企業が選別されています。

MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

MSCI ESG Investing

世界中の機関投資家に対して、投資の意思決定をサポートするさまざまなツールを提供しているMSCI 社が設計した指数です。⼥性の活躍推進に優れた企業が選別されています。

MSCI日本株女性活躍指数 (WIN)  

MSCI ESG Investing

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社と東京証券取引所が設計した指数です。TOPIX構成銘柄の中から選別され、炭素効率性や環境情報の開⽰が優れた企業の構成⽐率が⾼くなる仕組みになっています。
当社評価の⼗分位数は「4」、情報開⽰状況は「開⽰」となっています。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

 

ESG関連の受賞・評価

ESG関連の取り組みに関して当社が受賞した主な賞や評価をご紹介します。

ロゴ概要リンク

エコバディス社によるサステナビリティ調査において、3年連続で「ゴールド」評価を獲得しました。「ゴールド」評価は、対象企業全体の上位5%の⽔準に相当する企業が認定されるものです。エコバディス社は、グローバルサプライチェーンを通じた企業の環境・社会的慣⾏の改善を⽬指して2007年に設⽴された、企業のESG関連取り組みの評価機関です。これまでに世界160カ国、200業種に及ぶ約90,000の企業を対象として、「環境」「労働と⼈権」「倫理」「持続可能な資材調達」の4分野に関する⽅針・施策・実績について評価を⾏っています。


エコバディス(EcoVadis)社

気候変動および⽔セキュリティ対応において、⽬標設定、⾏動、透明性の点で特に優れた活動を⾏っている企業として、CDPにより「気候変動Aリスト2021」と「⽔セキュリティAリス ト2021」に選定されました。最⾼評価であるAリストへの選定は、気候変動は4年連続、⽔セキュリティは2年連続となります。
CDPは、企業や政府などによる温室効果ガス排出削減や⽔資源管理、森林保全を促進している国際NGOで、2000年に設⽴されました。現在、世界の機関投資家を代表して、主要企業の環境分野に関する取り組みの情報を収集し、評価しています。今回、CDPに環境情報を開⽰した約13,200社のうち、気候変動および⽔セキュリティの両⽅で最⾼評価を獲得したのは世界で57社、そのうち⽇本企業は18社です。

CDP

健康経営優良法人認定制度は、経済産業省が2016年に創設し、日本健康会議が進める健康増進の取り組みなどをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業などの法人を顕彰する制度です。当社は、2018年から5年連続で認定を受けています。 健康経営優良法人2022
2015年9月、「子育てサポート企業」として認定を受け、3回目となる次世代認定マーク(くるみん)を取得しました。この認定は、次世代育成支援対策推進法に基づいて策定した行動計画を遂行し、かつ認定基準を全て満たした事業主が、厚生労働大臣の認定を受ける制度です。 次世代認定マーク(くるみん)について

WCMS認証は、内部統制およびコーポレートガバナンスにとって重要な要素である内部通報制度について、適切に整備・運用する企業を高く評価するために消費者庁が2019年2月に創設した制度です。当社は、2020年12月11日より登録事業者となっています。

*WCMS認証:内部通報制度認証(⾃⼰適合宣⾔登録制度)

消費者庁 内部通報制度に関する認証制度の導入について

環境省が主催する第3回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の環境サステナブル企業部門において、環境大臣賞(銀賞)を受賞しました。当社は、今回が初めての受賞です。
「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」は、ESG金融の普及・拡大に向け、環境省により2019年に創設されました。このうち、環境サステナブル企業部門の表彰は、環境関連の重要な機会とリスクを経営戦略に取り込み、企業価値向上につなげるとともに、環境や社会へ優れた影響をもたらしている企業を評価し、広く社会で共有することを目的としています。

ESGファイナンス・アワード・ジャパン

当社の統合報告書「住友化学レポート 2020」が、「日経アニュアルリポートアウォード 2020」において優秀賞を受賞しました。「日経アニュアルリポートアウォード」とは、日本企業が発行するアニュアルリポートのさらなる充実や普及を目的として、日本経済新聞社が1998年より毎年実施しているコンテストで、機関投資家やアナリストの審査による得点上位企業が表彰されます。第23回目となる2020年度は、132社の応募に対してグランプリ1社、準グランプリ3社、特別賞3社、優秀賞14社が選ばれました。

「住友化学レポート2020」および「サステナビリティ データブック 2020」は、このほど、環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが共催する「第24回環境コミュニケーション大賞」の環境報告部門において優良賞を受賞しました。「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告や環境活動レポートを表彰することにより、事業者などの環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。環境報告部門では147点の応募作について審査が行われ、26点の優良賞が選出されました。

第24回環境コミュニケーション大賞 

日本化学工業協会(日化協)主催の「2019年度JIPS 賞(ジャパン・イニシアチブ・オブ・プロダクト・スチュワードシップ賞)」において、優秀賞を受賞しました。この賞は、日化協がJIPS 活動を推進する一環として、安全性要約書(化学物質をリスクベースで管理するための安全性情報を記載した文書)の年間公開件数に応じ、大賞、優秀賞、奨励賞を授与しているものです。当社は日本の化学企業の中で2番目に多い、13件の安全性要約書を公開しました。

GPS/JIPSとは