ステークホルダーとのコミュニケーション

基本的な考え方

住友化学グループは「CSR基本方針」において「関係するあらゆるステークホルダーの皆さまの関心に配慮しながら、CSR活動を推進していくこと」をうたっています。ステークホルダーの皆さまへの責任を果たしていくとともに、地球環境や国際社会にも配慮し、事業活動のみならず社会貢献活動、地域対話などのさまざまな機会を通じて、コミュニケーションの充実に努めていきます。

  • ステークホルダーとのコミュニケーション

各ステークホルダーとのコミュニケーション機会

ステークホルダー住友化学グループの責任アプローチ方法

株主・投資家

株主・投資家との間で、経営方針、事業戦略および業績動向に関する計画的、効果的かつ戦略的なコミュニケーションを行い、株主への説明責任を果たし、市場からの信頼の維持・向上を図るとともに、当社への正しい理解を通じて、適正な株価形成と企業価値向上に努めます。

  • 株主総会
  • 経営戦略説明会/事業戦略説明会
  • ネットカンファレンス
  • 個人投資家説明会
  • 個別面談
  • 住友化学レポート、インベスターズハンドブック等の発行
  • ホームページなどによる情報提供

お客さま

お客さまに、満足かつ安心して使用していただける品質の製品とサービスの提供を通じて、お客さまとの長期的な信頼関係を構築することに努めます。
  • 営業活動を通じたコミュニケーションや品質保証のサポート
  • ホームページなどによる情報提供
  • お客さま相談窓口によるお客さまサポート

取引先

購買基本理念のもと、取引先の皆さまとの相互発展的で健全な関係を構築することに努めています。また、公正・公平かつ透明性を確保した取引を自ら行うことはもちろん、取引先の皆さまにもCSR活動を励行していただけるように、CSR調達に取り組んでいます。
  • 購買活動を通じてのコミュニケーション
  • CSR推進ガイドブック、チェックシートを使用したモニタリング、フィードバック
  • 問い合わせ窓口

従業員

従業員の健康と多様性の尊重に留意しながら、従業員一人一人が能力を最大限に発揮していける人材育成と職場環境づくりに努めています。また、住友化学と住友化学労働組合は、これまで築き上げてきた相互理解と信頼に基づく良好な労使関係を維持します。
  • 中央労使協議会、事業場労使協議会
  • ワーク・ライフ・バランス推進労使委員会
  • 各種研修
  • 社報およびイントラネット

地域社会

「地域とともに発展することが企業の使命である」との考え方に基づき、地域の安全・環境保全に努め、コミュニケーションの充実を図り、地域のニーズに合わせたさまざまな活動に取り組み、地域との良好な関係の構築、維持に努めます。
  • 環境・安全レポートの発行(全事業所)
  • 地域広報紙の発行
  • 地域対話の実施
  • 理科教室の開催
  • 地域清掃活動

株主・投資家との対話|積極的なIR活動を実施

住友化学では、株主・投資家とのコミュニケーションを通じ、株主への説明責任を果たし、市場からの信頼の維持・向上を図るとともに、当社を正しく理解していただくことで、適正な株価形成と企業価値向上を実現できるよう努めています。

お客さまとの対話|サービスの向上

住友化学では、グループ全体でお客さまのニーズを満たし、かつ安心してお使いいただける品質の製品とサービスを提供することを目指し、製品や内容に応じて営業担当や各製品のお問い合わせ窓口などがサポートしています。多くのお客さまに当社についてご理解いただきながら、コミュニケーションを図る機会として、展示会などに積極的に参加しています。

取引先との対話|CSR調達の推進

住友化学グループは、公正・公平かつ透明性を確保した取引を自ら行い、コンプライアンス重視の精神で取引先の皆さまにも、サプライチェーン全体を通じてCSR活動を励行していただけるように、CSR調達の取り組みを推進しています。具体的には、原材料に関する全ての新規取引先と海外を中心とした既存取引先について、チェックシート方式によるCSRの取り組み状況のモニタリングを実施しています。フォローの必要な取引先には、個別に改善を求めるなどのフィードバックを行い、CSR調達への理解と協力をお願いしています。こうした取り組みを通じて、取引先の皆さまとの相互発展的で健全な関係を構築することに努めています。

従業員との対話|健康管理と健康保持増進

住友化学では、従業員一人一人が心身ともに健康で、いきいきと仕事に取り組めるように、健康管理に積極的に取り組んできました。
2017年度は、健康保険組合とのコラボヘルスとして、各事業所での健康講演会、ストレスチェックの集団分析結果を踏まえたメンタルヘルス講演会・研修、統括産業医による定期的な海外勤務者医療巡回面談などを実施しました。また、東京本社では、2018年2月に労働組合と共同で「健康イベント」を開催し、心身の健康に関するセミナー・体力測定を実施するなど、従業員の健康管理と健康保持増進に資するさまざまなコミュニケーションの機会を設けてきました。このような健康管理の取り組みが評価され、当社は、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」の認定を受けました。今後も、従業員の健康管理と健康保持増進に役立つ各種取り組みを継続して進めていきます。

地域社会との対話|地域対話の実施

住友化学では、地域に密着した活動を継続していくため、定期的に地域のさまざまなステークホルダーの方々(地域自治体、学校関係者など)と工場見学会、対話集会、意見交流会(懇親会)などを行い、交流の場を設けています。
地域対話では、当社の環境・安全に関する取り組みについて、近隣の皆さまに説明し、対話を進めることで、相互理解を深めていくように努めています。他にも、事業所ごとの工場見学会や説明会の実施、地域に密着した積極的な情報発信として、新聞折り込みなどの方法による地域広報紙の発行なども行い、地域との円滑なコミュニケーションを図っています。